遅らせながらアニメARC-V40話。 なんといっても。

arcv40-3

せれなちゃんドS可愛すぎですわ・・・。



…じゃねぇよ!

マジでZEXALなんだったのって勢いで今回よくアニメに登場するOCG既存カードですが
第40話でもけっこうな数が出てきたので、ちょっとまとめとこうかと思います。
OCG厨のメモ書き程度に!

ジェルエンデュオ、翼を織りなすもの
アイドルデュエリストのなんたらちゃんが使ってました(テキトーすぎんだろ)
実際にはほぼカットされたデュエルなんすが…完全にモブ、じゃなくて、しっかりと名前が出てきたのも珍しいような。

そして名前は出なかったけど、フィールドには「勝利の導き手フレイヤ」と思われるモンスターも2体。

魔導法皇ハイロン
去年優勝者の桜木ユウが使用。名前だけ登場。
ていうかエクシーズ使いが去年優勝で、準優勝が勝鬨くん。なんでエクシーズのこと知らなかったんだよ…。

え?神判?あっ…ふーん

漆黒の豹戦士パンサーウォーリアー
バレットが使用。「獣闘機パンサー・プレデター」の融合素材で登場。
素材指定が「★4以下の獣戦士族モンスター」で直接名指ししていないし、攻撃力融合先より高いし、使う必要なかったのに登場してくれるなんて…!(感動)

「DD」「契約書」関連
一番驚いたのがこの社長が使ったカード群。
以前のvs遊矢戦の時と見比べてみると
arcv40-2
12話より
arcv40-1
40話より
OCGテキストに変更されてる…?

実際にデュエル終盤では以前は無かったOCG効果を使い、墓地から融合召喚してました。
他にも「DDケルベロス」がペンデュラムモンスターに変更され、「ケプラー」「ガリレイ」もよく見るとOCGテキスト。

ZEXAL~これまでのARC-Vでは一貫して「アニメ出身カードはOCG化されてもアニメ効果のまま」という制約があったけど、社長だけ効果変更とはこれ如何に。
何か、これからの展開とカード効果変更が関係ありそう…?

しかし、社長がOCG効果に修正しまくりとなると、ライバルの遊矢がチートアニメ効果使いまくりで凄い対照的な感じが…(笑)



色々と動き出した他、思わぬところにも謎が出てきたARC-V。
個人的にはアニメ効果→OCG効果に変わるのは面白いのでそっちの方がしっくりきて好きなんですが、恐らく意図的にそのスタイルが復活した辺り、どう説明されるのか楽しみです。


社長「黒咲…お前のライズ・ファルコンも効果を改良しておいたぞ…。」